スタバ社に強く言いたい!ジム併設型スタバを作ってくれたらオレ絶対行きまくる!

こんばんわ。今日はスターバックスにあったらいいもの、あるいは、こんなスタバがあったらいいなというものを考えてみたいと思います。題してスタバを超えるスタバ、ネオスターバックスとでもいいましょうか。

ジム併設型スタバ
スタバとジムってかなり相性よいと思うのは自分だけでしょうか。ジムの近くにあるスタバっていうのはたまに見かけますが、本屋とくっついているスタバのように、ジムとくっついているスタバ、は見たことがありません。もしどこかにあるならば教えてもらいたいです。イメージは、本屋と提携しているジムと全く一緒といいますか、本屋の本を持ち込んでスタバで読めるように、ジムでちょっと運動したら着替えずにそのままスタバにきて休憩できちゃう、みたいな。もちろん、ジムの前後に立ち寄るみたいな使い方や、ジムにいかない人もふつうのスタバと同じように使えます。ふつうのスタバとちょっと違いを出すために、コーヒー飲みながらストレッチできるストレッチゾーンとか作ってもよいかもしれません。
スタバの数ある魅力の中には、「ちょっと意識高い」的な人が隣で勉強してるからとなりで自分もちょっと勉強しようとか、逆にまわりはおしゃべりしているけど自分は勉強してる「ちょっと意識高いぜ」的ちょっとナルシストになれるところがあると思うのですが、ジムで自分を鍛えてるひとにもこれ、当てはまると思うんですよね。ジムのランニングマシンでいま一時間走ってきてちょっとスタバでコーヒー飲むか、おや、となりの同年代ぽい同世代のやつは運動もせずにあんんなに甘ったるそうな飲み物飲んでる、うし、おれ、がんばってる、的な思考回路笑。あるいは勉強するときでも、となりにジムでがんばってきました休憩中の人がいたら、自分もがんばろうってなりそうです。さらに言えば、ジムと座学のダブルコンボができちゃいます。ジムで体を鍛え、スタバで脳味噌を鍛える。みたいな。自分もそうですが、仕事がベースであって、あまった時間で体と脳味噌を両方メンテナンスしたいっていう感覚を持ってる人結構多いと思うんですよね。スタバとジムが併設してたら、完全にそういう人が虜になると思います。
もしデメリットがあるとしたら、ちょっとスタバが汗くさくなってしまうかもしれません。笑。あるいは、プロテインのシェイカーにコーヒー入れてくれって言ってくるごついお兄さんがたくさん出てくるかもしれません。
でもまあ、コーヒーの消臭効果と店員さんの笑顔でそこはなんとかかばーされるんじゃないでしょうか。
もしスタバの偉い人がこの記事を呼んでいたら是非東京にスタバ併設型ジムを実現させてくれるとうれしいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です