洗練英語: bloody やべえ 外国の友人とバーでdirty talk した時なんかに使ってみよう

こんにちは。こなれ英語です。

今回のナマ英語は、”Luke’s ENGLISH Podcast Ep 437 Ramble News – 31 March 2017″ ルークスイングリッシュポッドキャストです。中々日本人の英語学習や発想の中では出てこないけれども、ナチュラルでかつこなれていて使えると格好いいと思えた表現を紹介したいと思います。

bloody…とっても

“Luke’s ENGLISH Podcast Ep 437 Ramble News – 31 March 2017” を聞いていく中で、気になった点を記載していきたいと思います。

I’ve got a bloody good reason for standing up. You are probably standing on the tra

bloody はとても、非常にといった意味で、意味を強めるスラングです。砕けた言葉で、日本人の英語学習者にとっては教科書には出てこない、生の面白い表現ですね。

実践編

そこのトイレまじで臭いわ。
The bathroom there is bloody stinky.




英語の高みを目指す方へ:当サイトの目的と管理人の紹介

こんにちは。当サイトと管理人の自己紹介です。
当サイトの目的:英語を学習されている皆様のお役に立てる情報を更新していきます。

このサイトでは、東京大学卒業、公認会計士の資格を持ち20代で海外駐在を経験した管理人が、日本人の英語学習者の皆様に役立つ情報をお届けします。

お届けする情報は、大きく以下の二つです。

  • 表現にキレが出る、洗練された英語表現
    TOEIC900点を超える程度にある程度英語学習が習熟してくると、自分の伝えたい事を伝える事それ自体に不自由することはとても少なくなります。しかし、伝えたい事を伝えられる事と、よりスマートに洗練された形で表現できる事の間には、大きな差があります。日本語で考えてみても、日本人の中学生であれば、日本語で自分の伝えたい事は不自由なく伝えられるでしょう。しかし、洗練された社会人が同じ事を伝える場合の表現とは、大きな違いがあるという点は、多くの方の依存のないところだと思います。例えば、中学生的に、「クライアントと”いろいろたくさん話しあって、”契約を結んだ」と表現するのと、洗練された社会人が「クライアントと”喧々諤々の折衝の末”、契約を結んだ」と表現することには言わずもがなのおきな差があります。日本人の英語学習環境は昨今非常に充実してきており、中学生レベルの英語力を身につけるための教材は簡単に手にはいるようになっている一方、洗練された教養ある大人が使うべき表現を身につけられる環境は、まだまだ充実していないと感じます。これは、洗練された表現というのは、参考書的に体系化することが難しい、固有の表現、独特のニュアンスを持っていることが殆どであるという性質も影響していると思います。逆に言えば、これらを身につけるに近道はなく、生の良質な英語に触れ、吸収するほかないのです。この一助とするため、本サイトで、具体的な生の事例を紹介しています。
  • 英語学習方法
    英語学習法として、管理人の英語学習に対する考え方を紹介しています。学習法については、巷に良質な情報があふれていますが、東京大学卒業、公認会計士の資格を持ち20代で海外駐在を経験した管理人ならではの視点での情報を紹介しています。

管理人プロフィールも簡単に載せておきます。
性別:男
在住:東京
大学 : 東京大学
職業 : 公認会計士