平日のジムはコンディショニングで使用すべきではないか

平日のジムはコンディショニングで使用すべきではないか

こんにちは。
働きながら英語や資格試験の勉強をしている社会人の方の平日の勉強の仕方については、多くの教材で語られているところだと思います。すなわち、仕事が休みの土日にがっつりと勉強、特に新規の勉強をすすめ、仕事で時間がとれない平日は、土日でやった内容の復習に専念するという方法です。
TOEIC試験の勉強をしている人であれば、土日に新しい英単語や文法を学習し、次の平日は新しいテーマには進まずに、すでに一度学習したものの復習と定着をはかる、といった具合です。学習においては、人間は三歩進んで二歩下がる、一度覚えたこともすぐに忘れてしまう生き物ですから、こうした、一度した学習の定着をはかる方法は、学習効率の面からも非常に有効とされています。また、新規の学習をすることは、かなりのエネルギーを必要とすることですから、現実的に、平日の仕事で体力を消耗し、精神も疲弊している状況では、難しいという側面もあります。復習は新規学習ほどには体力を使わない一方、上述の通り効果が高い学習ですので、まさに社会人にもってこいの方法というわけです。
同じ考え方で、フィットネスはどうでしょうか。昨今のフィットネス意識の高まりで、ダイエットによる体型改善とか、大きな筋肉を蓄えて外見を改善するとか、目標をもってワークアウトをされている方が多いと思います。
フィットネスの特徴で、目標とする体になるために、徐々に重りを重くしていったり、回数を増やしたり、強度を増やしていくというものがあります。たとえばベンチプレスという同じ種目をやっていても、20キロの重りでやっているのと、50キロの重りでやるのとでは、全くの別ものなのです。言い換えれば、新規のトレーニングといえます。トレーニングは毎回毎回が新規の活動の塊なのですが、座学での学習と同様に、新規はものすごくエネルギーを
必要とします。その影響で、ジムにいくことがとてもおっくうになったりします。もちろん、それを乗り越えて激しいトレーニングを完遂できたときの喜びというのは何にも代え難いものがありますが。
筋肉も、トレーニングによって傷つき、回復して少しずつ強くなっていくというサイクルを踏みます。いわば、トレーニング後の休んでいる時間も、実はトレーニング自体と同じくらいに重要なのです。
ストレッチをしたり、かるーく走ったり、熱いサウナで汗をかいたりといった活動は、筋肉の回復を促進すると言われます。そしてこれらは、運動としての強度があまり高くないので、実行のハードルがとても低いです。仕事帰りの平日の社会人でも、前回よりも重い重量にトライしようとなれば気力がくじけそうになるところ、これらコンディショニングであれば、もっと足取りかるくいけ、かつ効果もかなり期待できるというわけです。
というわけで、平日にコンディショニングのためにジム利用するというのは、学習者が平日に復習中心の生活を送るのと同じくらい、おすすめです。




ビジネスプランが出来たら会計士に相談してみたら有益なアドバイスがもらえるかもしれない

ビジネスプランが出来たら会計士に見せてみよう

なにか新しい事業を起こそうと考えている人ならば、ビジネスプランを考え、作成すると思う。日本語でいうところの事業計画書だ。
このビジネスプランには、起こすビジネスの概要は勿論、顧客、商品ラインナップ、販売経路、潜在市場規模、予算、想定する収益、利益などの各項目が含まれており、そしてその項目1つ1つが大きな熱量の炎となり、起案者の思いの強さを表す資料となる。
世に出した瞬間に多くの人が感銘を覚え、大流行し、競合他社も真似できない様な製品をアイデア1発で作り上げる事が出来る、いわば天才型の起業者ならば、ともすればこんな作り込んだビジネスプランは必要ないのかもしれないが、残念ながらそれは多数派を構成せず、多くの場合では緻密に作り込んだビジネスプランが、成功の成否を分ける。
しかし、商品のアイデアそれ自体が魅力的であることが最も重要な要素である事は変わりがなく、一人であれこれと考えているうちは絶対にこの商品アイデアに注力しがちである、および、せざるを得ない。

このギャップを埋めてくれるのが、誰かにアドバイスを求める事である。それも、事業計画のアイデア以外の部分については、独創性の余地が少なく、他社のベストプラクティスが役に立つ場合も多いから、一般的、普遍的でビジネス経営者として当然理解しておくべきツボを押さえ、客観的に先行他社、同業他社との比較の目を持つ、ビジネスの専門家に頼むのが望ましい。

では誰かという話になるが、一つの回答は公認会計士ではないかと思う。
まず、すべからく事業計画は予算であったり売上目標であったり、会計という言語を用いた数字で表現される。会計士はその専門家である。
例えばあなたが英語環境で生きていこうとするならば、英語環境で経験のある人に相談するだろう。そしてその中には、英語の先生という、英語の専門家も入るだろう。英語教師は勿論英語環境の専門家ではなく英語という語学の専門家に過ぎないと言ってしまえばそれまでだが、両者には多くの関連があるので、あなたにとって有益な示唆を与えてくれる可能性が高い。また、英語教師の中には、英語環境での生活経験のある方もいるから、その場合にはより有益なアドバイスをくれるだろう。
会計士も同じである。狭義には、会計という言語の専門家でありビジネスの専門家ではない。しかし、会計という言語を通じて常に多くの会社のビジネスに触れている職業である。会計という言語自体の深掘りを武器にしている会計士(主に監査法人系)、ビジネスに対する理解を武器にしている会計士(コンサル他)と、会計士にも個性がある。もし、あなたの目的に合致した会計士と出会えたなら、狭義の会計士の枠を超えた、役に立つアドバイスをしてくれるに違いない。