洗練英語: この国を変える原動力…そう、driving point

こんにちは。こなれ英語です。

今回のナマ英語は、“1000時間ヒアリングマラソン 2017 05 (Training Gym)”です。中々日本人の英語学習や発想の中では出てこないけれども、ナチュラルでかつこなれていて使えると格好いいと思えた表現を紹介したいと思います。

driving point…原動力

I’d say that what is my driving point of why I started this business…  (Training Gym)

my driving point、原動力という意味ですね。driveは当然、運転するという意味ですが、広義には、駆り立てる、勢いよく動かすという意味を持ちます。私自身を駆り立てるポイント、原動力。Motivationなんて表現していてもこなれていて良いかもしれません。Our company’s driving points of penetrating into new business なんて、ビジネスの現場で聞こえてきそうですね。

実践編

東大合格おめでとう、あなたの原動力はなんだったの? 官僚になってこの国を変えたかったんだ。
Congrats to pass an entrance exam of Tokyo Univ. What is your driving point? I really want to be a bureaucrat and change this country.



洗練英語: アイディアに行き詰まったら、英語でfind another avenues

こんにちは。こなれ英語です。

今回のナマ英語は、”English Journal 2017 05 (Free Talk)” イングリッシュジャーナルです。中々日本人の英語学習や発想の中では出てこないけれども、ナチュラルでかつこなれていて使えると格好いいと思えた表現を紹介したいと思います。

find another avenues…別の方法を探す

I had to find other avenues in Japan (Free Talk)

日本では、別の方法を見つけなきゃならなかった…という意味ですね。Avenueは直訳すると道、通りですが、文脈から、外国では通用したことが日本で通用せず、日本では別の方法を探さなければならなかったと言っています。I needed to find different ways などと、日本人的にはway がよく出てくる場面かと思いますが、 Other avenues もサッと出てくると、かっこいいですね。

実践編

これはあまり良いアイディアには見えないね。別の方法を探してみてよ。 はい。。
This doesn’t look good idea. Find another avenues. Yes sir.



洗練英語: 自称アニメオタクも英語でself confessed といえばなんだか格好いい

こんにちは。こなれ英語です。

今回のナマ英語は、”1000時間ヒアリングマラソン 2017 05 (気になる話題でトーク)” です。中々日本人の英語学習や発想の中では出てこないけれども、ナチュラルでかつこなれていて使えると格好いいと思えた表現を紹介したいと思います。

self confessed…自称

The Self-confessed game junkies…  (気になる話題でトーク)

自称ゲーム中毒者は…という意味ですね。Confess は告白するという意味で、Self Confessed で、自ら認めている、自称、自認するという意味となります。「私は自称○○です」なんて言う場面でも、Self confessed とは思いつかずに、I think myself as OOO…なんて言ってしまいがちだと思いますが、Self confessed と端的に言えると、その裏に意図している皮肉や自嘲的な感情も正確に伝えることができて、非常にこなれて聞こえそうですね。

実践編

自称アニメオタクです。
I’m self confessed anime geek.



洗練英語: be attached to でその土地だけでなく英語にも馴染んでいることをアピール

こんにちは。こなれ英語です。

今回のナマ英語は、“Luke’s ENGLISH Podcast Ep 442. The Trip to Japan (Part 1)” ルークスイングリッシュポッドキャストです。中々日本人の英語学習や発想の中では出てこないけれども、ナチュラルでかつこなれていて使えると格好いいと思えた表現を紹介したいと思います。

was attached to…馴染んだ

I was very attached to the place and people…  (16:03)

was attached to…は、馴染んでいる/親しみがあるという意味で使われていますね。Lukeさんは2年間の日本生活を通して、(日本の)土地や人にとても馴染んでいたと言っています。日本人的には、attachedと聞くと、ビジネスでメールにファイルを添付する際の添付という意味が真っ先に思い浮かぶと思いますから、馴染むという意味で使えるととても洗練されて聞こえるように思います。

実践編

正月休みにタイに一週間いたら、雰囲気にとても馴染んじゃったよ。
I was so attached to the atmosphere during the stay in Thailand in new year holiday.




洗練英語: 例え望み薄でも slim chance なんて英語で言えたら誰かが評価してくれるはず

こんにちは。こなれ英語です。

今回のナマ英語は、”Luke’s ENGLISH Podcast Ep 441 Andy Johnson at the IATEFL Conference” ルークスイングリッシュポッドキャストです。中々日本人の英語学習や発想の中では出てこないけれども、ナチュラルでかつこなれていて使えると格好いいと思えた表現を紹介したいと思います。

a slim change…望み薄

I have a slim chance of winning this one   (5:58)

slim chance は、望み薄 とか、わずかな望み/見込み と訳されます。Lukeさんは、このエピソードの中で、Podcast awardへの投票を呼びかけていますが、入賞できる可能性はとても低い、望み薄だと言っていますね。日本人的には、同じ意味のことを表現するときに、low possibility とか、very hard to winとかが思い浮かびそうですが、slim chanceなんて自然に使えたら格好いいですね。

実践編

面接全然ダメだったわ、この会社は望み薄だな。
This interview went terrible. I have a slim chance to this recruitment.




洗練英語: bloody やべえ 外国の友人とバーでdirty talk した時なんかに使ってみよう

こんにちは。こなれ英語です。

今回のナマ英語は、”Luke’s ENGLISH Podcast Ep 437 Ramble News – 31 March 2017″ ルークスイングリッシュポッドキャストです。中々日本人の英語学習や発想の中では出てこないけれども、ナチュラルでかつこなれていて使えると格好いいと思えた表現を紹介したいと思います。

bloody…とっても

“Luke’s ENGLISH Podcast Ep 437 Ramble News – 31 March 2017” を聞いていく中で、気になった点を記載していきたいと思います。

I’ve got a bloody good reason for standing up. You are probably standing on the tra

bloody はとても、非常にといった意味で、意味を強めるスラングです。砕けた言葉で、日本人の英語学習者にとっては教科書には出てこない、生の面白い表現ですね。

実践編

そこのトイレまじで臭いわ。
The bathroom there is bloody stinky.




英語の高みを目指す方へ:当サイトの目的と管理人の紹介

こんにちは。当サイトと管理人の自己紹介です。
当サイトの目的:英語を学習されている皆様のお役に立てる情報を更新していきます。

このサイトでは、東京大学卒業、公認会計士の資格を持ち20代で海外駐在を経験した管理人が、日本人の英語学習者の皆様に役立つ情報をお届けします。

お届けする情報は、大きく以下の二つです。

  • 表現にキレが出る、洗練された英語表現
    TOEIC900点を超える程度にある程度英語学習が習熟してくると、自分の伝えたい事を伝える事それ自体に不自由することはとても少なくなります。しかし、伝えたい事を伝えられる事と、よりスマートに洗練された形で表現できる事の間には、大きな差があります。日本語で考えてみても、日本人の中学生であれば、日本語で自分の伝えたい事は不自由なく伝えられるでしょう。しかし、洗練された社会人が同じ事を伝える場合の表現とは、大きな違いがあるという点は、多くの方の依存のないところだと思います。例えば、中学生的に、「クライアントと”いろいろたくさん話しあって、”契約を結んだ」と表現するのと、洗練された社会人が「クライアントと”喧々諤々の折衝の末”、契約を結んだ」と表現することには言わずもがなのおきな差があります。日本人の英語学習環境は昨今非常に充実してきており、中学生レベルの英語力を身につけるための教材は簡単に手にはいるようになっている一方、洗練された教養ある大人が使うべき表現を身につけられる環境は、まだまだ充実していないと感じます。これは、洗練された表現というのは、参考書的に体系化することが難しい、固有の表現、独特のニュアンスを持っていることが殆どであるという性質も影響していると思います。逆に言えば、これらを身につけるに近道はなく、生の良質な英語に触れ、吸収するほかないのです。この一助とするため、本サイトで、具体的な生の事例を紹介しています。
  • 英語学習方法
    英語学習法として、管理人の英語学習に対する考え方を紹介しています。学習法については、巷に良質な情報があふれていますが、東京大学卒業、公認会計士の資格を持ち20代で海外駐在を経験した管理人ならではの視点での情報を紹介しています。

管理人プロフィールも簡単に載せておきます。
性別:男
在住:東京
大学 : 東京大学
職業 : 公認会計士